燦々会
燦々会
HOME > 燦々会 > 基本理念
基本理念

いつも いつまでも 愛し愛される人間でありたい 生きとし 生ける限り

施設・運営方針の基本

「揺りかご」から「墓場」までと言う言葉があります。人の一生を一幅の絵画にすればどんなものになるのでしょうか?考えてみれば楽しい限りです。しかし、どんな絵になるにしても、自分一人で絵はかけません。人間はいろんな「しがらみ」の中で生きていかなければならないからです。

幼児期に愛し愛される施設 保育園

老年期に愛し愛される施設 老人ホーム

曰く、1法人4施設の人間愛に根ざした経営です。

入所者、利用者それに職員も、それぞれの人権をお互いに尊重しながら、職員はその業務に専念します。ONE FOR ALL. ALL FOR ONE.を実践します。「一人はみんなのために。みんなは一人のために。」を運営方針としています。


1.人間としての尊厳と社会連帯の思想を基本理念とし、公平・公正な法人運営に努めます。

2.常に健全かつ活力ある経営に努めるとともに、民間社会福祉事業としての先駆性・独自性を発揮し、住民の期待に応えます。

3.広く法人・施設の機能を挙げて、地域福祉の充実発展に寄与します。

4.職員の資質の向上を図るとともに勤務条件の改善に努めます。

5.相互の親睦・交流を深めるとともに、切磋琢磨を怠らず、進んで研修・研究に努め、社会の進展に応じた広い視野をもって経営にあたります。

6.経営にあたっては、個人の情報を適正に管理し、かつ情報の開示を積極的に実施します。